獣害問題でイタチを撃退したいなら業者に相談しましょう

鳥獣保護の法律

イタチ

イタチなどを捕獲撃退する時に、必要となるのが有害鳥獣駆除の許可です。鳥獣法で守られているため、勝手に狩ったり、捕獲するのは罪に当たる場合があります。そのため、捕獲などには業者依頼を推奨します。

Read More...

特定と捕獲

住宅

イタチ撃退にはそれ相応にステップがあります。まず被害状況や内容からイタチか何かを断定します。そしたら、イタチの好む環境にしないように手を加える必要があり、忌避剤などで手を打っていきます。

Read More...

足跡から推理

女性作業員

イタチの特定は足跡と音でも可能です。撃退方法でもお互いに負担の少ない方法を選ぶ事ができ、捕獲用の罠である箱罠で捕獲されたイタチは山や河川の近くに放されます。不殺の対応が可能です。

Read More...

獣害問題を解決するには

男性作業員

庭や畑で飼っている鶏や、ペット、鳥が襲われている。野菜などが食い荒らされている。糞や尿が異臭を放っている。生ごみが食い荒らされてゴミ袋が散々な状態にされている。屋根裏で何かガサゴソと異音がするなどが起きているようならイタチによる獣害かも知れません。イタチは胴長短足で顔の長い小柄なネコ科生物ですが外来種などが蔓延り、都市部で被害を起こすケースがあります。元々は日本在来している種がニホンイタチで、山間部に多く見られます。都市部のイタチは多くが外来種であるチョウセンイタチになっているようです。これらの獣害による被害は多く、業者依頼で撃退対応しています。こうした害獣の害獣の捕獲撃退は鳥獣保護法に守られているため、一般の人が行なうと罰されるケースがありえます。そのため、業者に依頼をして撃退を行なうのです。多くの業者は、捕獲撃退後のイタチや害獣は山や河川などに逃がして対応します。可哀想だからと獣害を我慢しているのであれば、撃退方法も検討してもらえるので相談してみるのが一番です。毒餌などでの駆除のほか、捕獲して山や川に逃がすようにする方法もあります。また、忌避剤を利用して寄り付かないようにする方法もありますが、この方法は対応する害獣をしっかり判別が必要なので、専門の業者で判断して行なってもらう方が良いでしょう。害獣がイタチなのか、アライグマなのか、ハクビシンや何かなのかを把握して撃退方法を選ぶのが重要です。