獣害問題でイタチを撃退したいなら業者に相談しましょう

鳥獣保護の法律

イタチ

イタチやアライグマ、ハクビシンやコウモリなど、獣害で被害にあった時にはその駆除撃退業者に相談を行ないましょう。食害や糞害があると、自分で捕まえてやろうと憤りを感じることもあるかもしれません。しかし、イタチなどの動物は鳥獣保護法で守られています。鳥獣保護法とは生息環境、生息数の水準の確保や、それにおける増減の法律です。主に狩猟としての法律ですが、希少生物でない場合もこの鳥獣保護法で勝手に獲ったり、減らすことは制限されています。特定希少鳥獣や希少鳥獣においては鳥獣保護法の中でも定められている規定があります。それ以外の動物にも保護は適用されているため、イタチなどの撃退においても行なう時には気を付ける必要があります。法律で罰を受ける恐れがあるので、自分で行なうよりは、こうした許可がある業者に依頼をするのが安全です。撃退駆除を行なうときには有害鳥獣駆除の許可を得ている業者が、イタチやアライグマなどを捕獲して逃がす、忌避剤などで忌避を促すという方法で撃退を行ないます。この撃退により、食害や糞害を起こしている獣害を取り除きます。外来種のチョウセンイタチなどが増えすぎることで、生態系や、環境に害があることも考えられるため、増減の調整をすることもあります。業者の場合も同じように駆除や撃退を行ないます。くれぐれもニュースになったような、勝手に捕まえてネットにアップして大炎上などはならないようにしましょう。