獣害問題でイタチを撃退したいなら業者に相談しましょう

足跡から推理

女性作業員

獣害の撃退において犯人の特定は重要です。そのうちイタチについては、屋根裏でドタバタ運動会を始めているようなら大方がイタチであるようです。またイタチの足跡は、前足は指4本、後ろ足は指4本に支える指跡が付いています。爪があるので指型は猫に比べると細くツメ部分が尖っています。また、足跡から足跡への幅は30センチから40センチ前後程度です。この特徴をもった足跡が家の周辺や屋根裏にないか確認してみましょう。あるようなら、イタチの可能性が考えられます。糞や尿もあるようならそこに侵入して住んでいるようなので撃退処置を行なう必要があります。こうしたイタチの撃退は、主に忌避剤の利用と侵入口を塞ぐことで行なわれます。それでも痕跡が消えない、イタチによる獣害が続くようなら捕獲を行なうことになります。このイタチの撃退捕獲には、箱罠が利用されます。箱罠はイタチが餌を食べたり、金属の棒を押したり引っ掛けたりするとトリガーが外れて、ゲージの扉が閉まる仕組みの罠です。マングース、ミンク、ハクビシンやイタチなど多くの動物に利用されます。この捕獲によって捕まえられたイタチは、山や河川などの離れた場所に放されます。毒餌による殺傷と違い、知らないところで死体が腐って異臭が起きたり、ウジが湧くこともありません。また不殺なので良心の呵責にも苛まれなくて済みます。駆除するのがちょっと可哀相という方にも安心です。イタチを撃退し、衛生的でストレスを感じないで生活することができます。