獣害問題でイタチを撃退したいなら業者に相談しましょう

特定と捕獲

住宅

イタチの撃退において、まず他の動物で内科、イタチなのかという特定を行なうことが重要です。特定作業は糞尿や侵入場所、食害や足跡の痕跡から把握します。この辺りは専門の業者などでなければ少し難しい内容です。痕跡での特定が難しいのなら、自動撮影カメラを仕掛けて何がいるのかを把握する方法もあります。特定したら、次に撃退する方法を行なう必要が出てきます。侵入経路の確認、餌となるものがないようにすること、忌避剤などを行ないます。忌避剤は木酢液や漂白剤、忌避剤などを利用することができます。鼻のいいイタチにとって強い臭いは嫌なものですから、近寄らなくすることが可能です。忌避剤で撃退できたら、今度は侵入してこないように隙間を塞ぐのが重要です。まず糞尿被害などで色の変色した天井や排泄物を全て廃棄し張替えなどを行ないます。その後隙間をしっかりと塞ぐことでイタチの侵入をさせないようにします。イタチの体のサイズは大体30センチ前後なのですが、顔も体型も細長く、隙間に潜るのに特化しています。そのためアナとしては5センチや3センチの穴から出入りすることが可能です。侵入を避けて撃退するには、この隙間をしっかりとふせず必要があります。隙間を塞いで撃退できないのなら、捕獲を行なって山や瓦のある場所に逃がす方法を選ぶことができます。そのため、業者にて相談を行なうことが、お互いのためにもなるのです。もし獣害や至に寄る食害などにお困りであれば、駆除撃退を業者に相談してみてはいかがでしょうか。